¥0

地域生活支援センター「える」(稲城市)

社会福祉法人正夢の会 地域生活支援センター「える」

地域生活支援センター「える」は放課後等デイサービス事業を始めとして地域生活支援事業(日中一時支援・移動支援)・短期入所・居宅介護事業など全部で10種のサービスを提供しています。
事業所は東京都稲城市にあり、主に稲城市と多摩市の方たちへサービスを提供しています。
放課後等デイサービス事業では、お一人あたり週に1日の登録でのグループ療育を提供しています。(土曜日クラスは月2回)

私たちの理念

私たちは、法人理念に基づき、障害のある方や、成長や発達に遅れや偏りのある方たちや、そのご家族が、地域で自分らしく暮らしていくことをサポートしていきます。

放課後等デイサービス事業においては、事業所主体で、遊び方や過ごし方、年齢や発達に合わせたグループを編成しています。一緒に遊べる友達が居るからこそできる遊びの広がりや、やりとりなどの関わりを大切に子どもたちの余暇と発達をサポートしています。

主な活動報告

製作・調理など

製作や調理の活動では、子ども自信の気づきの中で一人でできた!という経験が積み重ねられるように支援しています。手順書やお手本などは、子どもの理解に応じて作成し、子どもそれぞれの得意な作業を活かして取り組めるように設定しています。
調理活動では、調理を通して役割分担や、お友達と協力して取り組むこと、準備や片づけも自分たちでできることは取り組んでいけるように設定しています。製作物はおうちに持ち帰って頂き、ご家族にも見てもらいより達成感や自信に繋がって行けるように取り組んでいます。

音楽活動

木曜日と金曜日のグループには音楽講師を招いて音楽活動を行っています。それぞれのクラスのお子さんの理解や、ねらいに応じたプログラムを組んでいます。活動を通して、できた!という自信や、自由な自己表現、演奏や表現の幅が楽しみながら広がっていけるように、スタッフと音楽講師で工夫をこらしたプログラムを作っています。

ゲーム遊び

集団活動の中で、ルールのあるゲームを行っています。子どもたちの理解に合わせたルールや設定を行っています。ゲームを通して、楽しみながらお友達との協力や、作戦会議(話し合い)、勝ち負けの理解や、気持ちの受入など、グループのねらいに合わせた部分を盛り込んで設定しています。

また、一つの遊びや目的をみんなで共有し、一緒にできた!楽しかった!という経験を重ねることで、子どもたちの関係も広がっていきます。自由な時間を一人や、好きなお友達と過ごす時間と、グループ全体での関係性が拡げていく時間と、どちらも大事に捉えて全体のスケジュールも設定しています。

今後の目標

より良いサービスに向けて、学校や行政機関、また地域の他の事業所などと更に連携を強めていく事に取り組んでいきます。それぞれの機関の特色を活かして、情報共有に努めながら、包括的な支援を提供していけるようにしていきます。稲城市はまだまだ福祉資源が不足している状況ですので、行政や事業所間での手を取り合って、子ども達が地域の中で自分らしくのびのび育っていける環境作りを担っていきたいと思います。

事業所概要

事業所名 地域生活支援センター「える」
所在地 東京都稲城市東長沼1559
代表者名 兵頭慶一
連絡先 TEL:042-379-8461
FAX:042-379-8464
ホームページ http://www.inagi-masayume.com/

JDDnetの総評

充実した環境及び体制整備を行うとともに、設置法人として職員の研修を積極的に行っている。業務改善も、利用者個別に配慮した日案作成と振り返りを行うとともに、アンケートや保護者会等を通じて行われており、それをもとに適切な支援が行われている。また、ライフステージに合わせたサービスを地域で展開するという理念のもと、地域の中で関連機関とも確実に連携するとともに、オンブズパーソンも活用している。